Web

アフィリエイト用メディアのジャンルが決まらないときはどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アフィリエイト用メディアのジャンルを選ぶ女性

こんにちは、奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

今月から新たに『大人のためのアフィリエイト講座』という、アフィリエイトに特化したワークショップをスタートしました。

新しいアフィリエイト用のメディアを始めるとき「どんなジャンルを選ぶのか」「どんなテーマで執筆するのか」ということは悩ましい問題です。

そこで今回は、アフィリエイト用のメディアでジャンルや執筆テーマが決められないときはどうすればいいのか、私の考えを述べたいと思います。

メディアのジャンルを決められない悩み

大人のためのアフィリエイト講座は、WordPressでアフィリエイト用のメディアを作って実際に記事を投稿して運営をスタートする3ヶ月集中のオンライン・ワークショップです。

1か月目は、WordPressでアフィリエイト用のメディアを作り、2か月目以降に積極的に記事を更新して、3か月目にはさらに成果を伸ばす運営を実践していきます。

ブログなどのメディア運営では、執筆するジャンルを決めたら、まずはその絞ったジャンルに集中して記事更新していくことが大切なポイントです。

そのためメディア開設前の企画の内容は、その後の継続性やモチベーションなどメディア運営の取り組みに影響し、アフィリエイトのパフォーマンスにも直結します。

しかし一方では、ワークショップの質問の中でも「メディアの執筆ジャンルを決められない」という相談は非常に多いのです。

決めないことが1番のリスク

「メディアのジャンルを決められない」という気持ち、私には痛いほど分かります。

というのも、私自身が「決められない」傾向の人間で、たくさんの失敗や後悔をしてきているからです。

会社を辞め、自分で自分の仕事を作ることが増えてからは、決めないことが1番のリスクだと理解できるようになりました。

とはいえ、いまでも決められないことは多く、次の行動に躊躇してしまい、人より行動するまでに時間が掛かります。

仕事として取り組んでいるのに、決めずに時間だけが経過していくとどうなるかというと、収入はゼロのままです。

行動しなければ、そもそも何も起きませんし、自分の課題も認識できず、スキルを磨くことさえできません。

大切な人生の時間が、ただただ過ぎていくことになってしまうのです。

メディアのジャンル選定は判断ではなく決断

もちろん、考える時間は必要ですし、考えもなしに闇雲に目の前に見えるジャンルを手当り次第順番に取り組むことはおすすめしません。

しかし、自分自身が興味関心を抱いたこと、これまでに経験したこと、あるいはこれから経験したいと思っていることが候補としてリストアップできているなら、あとは決めるだけです。

この決めるときのコツについて私たちのワークショップでは、情報を調査して参考にする方法や基準をお伝えしています。

ところが、その候補の中のどれか1つが当たりで、どれかが外れというようなことはありません。

このことからジャンル選びは「判断」というよりも「決断」と表現したほうがぴったりです。

上手くいかないことはあたり前

ワークショップでメディア運営をサポートしていながら、こう言ってしまうと元も子もないのですが…

誤解を恐れずに言えば、決断して「これで行こう!」と執筆するジャンルを決めたとしても、必ずそのメディアが成功するとは限りません。

・はじめてみたけど思ったほど面白くなかった
・もっと興味深いジャンルが後から見つかった
・検索ボリュームは大きいが自分のネタはすぐ尽きた
・自分は興味を持っているがすでにブームは去っていた
・競合が多すぎて箸にも棒にもかからない

こういうことはアフィリエイト用のメディア運営では日常茶飯事で、上手くいかないことの方がは多いのだと認識しておきましょう。

メディアが成功かどうかは運営を開始して1年未満程度では判断できないものですが、1年未満であっても自分自身が情熱を失っていたり、なんか違うな感じたとしたら継続することは困難ですよね。

そのときは、違うジャンルを選んで再出発する。それでいいのです。

アフィリエイト用メディアのジャンル選びのコツ

では、どのようなジャンルを選んだらいいのでしょうか。

それは、行動開始に大きなパワーを必要とせず、あたり前に継続できそうなジャンルを選ぶことが大前提です。

・忙しくてもついつい考えてしまう楽しみなこと
・あなた自身がいま熱中していること
・ワクワクした気持ちでこれから体験したいこと
・自分ごととして関心が高まっていること

このような視点で選ぶことがコツです。

そのためには、興味関心を抱いたこと、これまでに経験したこと、あるいはこれから経験したいと思っていることをリストアップします。

作成したリスト中からいくつか候補のジャンルを選んで、最後は1つにエイッと決断してみましょう。

それでも決められないときは?

それでもメディアの執筆ジャンルを決められないということはあると思っています。

私も経験していますが、ジャンルが選べないという状態は、経験が少なすぎる場合に陥りやすいと考えています。

はじめてブログのようなメディアを運営するとき、最初ですから当然経験はしていないので、その後どうなるかも想像できないまま運営をスタートするしかありません。

そうなると、どのジャンルを選んだとしても不安は変わりませんし、できることなら失敗はしたくありませんから、決めることがますます難しくなります。

これはメディア運営に限らず、何かをはじめて経験するときは誰にでもあてはまることです。

それを一気に解決する方法が「雑記ブログを開始して、思う存分書いてみる」という方法です。

忙しい人こそスケジュールを決めて記事更新

雑記ブログでは記事を書く経験を増やして、何が起きるのかをチェックします。

・どんな記事だと書きやすいのか
・楽しく感じるジャンルは何か
・アクセスが集まるのはどんな記事か

このような運営を開始している人にしか気づかない体験にたくさん出会います。スラスラと毎日書ける方はどんどん書いてみましょう。

一方、なかなか記事が書けないという方もいるかもしれません。そんな方は締切を設けて記事を書くようにしてください。

メディアを運営して間もない段階は、はっきり言って何も起きません。仕事で忙しかったりすると、ついつい書かなくなりやすいのです。

そんな忙しい人こそ、毎週何曜日に記事を投稿するのか、スケジュールを決めて記事を更新することをおすすめします。

まとめ

今回は、アフィリエイト用のメディアでジャンルや執筆テーマが決められないときはどうすればいいのか、私の考えを述べました。

重要なことは「とにかく始めること」です。

メディア運営でも経験してみないことには、次に必要な気づきやスキルは得られません。

ジャンルが絞られているなら、エイッと決断する。絞りきれないなら雑記ブログからでも経験を積んでいくことで、自然とスキルも上がっていきます。

最初にスタートしたメディアが上手くいかなかったとしても、そこで得た経験は無駄になりません。必ず次のスタートのときに役立つものです。

冒頭で紹介した『大人のためのアフィリエイト講座』に、もし興味をお持ちいただいていたら募集ページをご覧ください。あなたのご参加をお待ちしております。