ワークスタイル

自宅ライフで価値観を明確にすることの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自宅ライフで価値観を明確にすることの重要性

こんにちは、奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

自宅ライフの実現に向けて、ビジネスを継続して経営していく、誰かの役に立ち貢献し続けていく、そのめには自分の裁量で決められるビジネスとして「何を」選ぶかが大切です。

前回の記事『自分の裁量で仕事ができる自宅ライフのビジネステーマの選び方』では、自宅ライフでのビジネステーマ選びについて3つのステップで実践できる検討方法を紹介しました。

STEP1 自分の価値観を明確にする
STEP2 自分の強みが活かせるテーマをリストアップする
STEP3 収益以外でも関心が持ち続けられるテーマを選ぶ

このステップに沿って、可能な限り具体的な事例を交えながら紹介していきます。今回はSTEP1で挙げている価値観の重要性についてです。

自分の価値観に沿わない障害は排除する

自分の裁量で仕事ができる自宅ライフでは、自分の価値観を沿ったビジネスであることは何よりも大事です。価値観に沿ったというとわかりにくいと思うので私の価値観を例に考えてみましょう。

私の価値観の上位には「自由、穏やか、挑戦」という3つがあります。中でも、自由であること、穏やかに過ごせることは譲れないものです。

では、自由で穏やかに過ごすためには、どうすればいいのかというと…

自分が想像できる「自由でないこと」「穏やかでないこと」をできる限り排除していくことです。代表的なものとしては、行動を制限、強制されることや時間を拘束されることが挙げられます。

このような自由でないこと、穏やかでないことなど、私は自分の価値観に沿わない障害を極力排除しています。

何を排除するかを考えて行動に移す

価値観に沿わない障害はどうするのか?

私の場合は「会社に就職する」「時給で働く」「職場に出勤する」というようなことを、この十数年どうすれば避けられるのかを必死で考えてきました。

しかし、最初から価値観に沿わない障害を排除できたわけではありません。

私は、高校生の頃からアルバイトを通じて、時給で働き、現場で仕事をしてきましたし、会社には16年間在籍してサラリーマンとしても働いてきました。

それまで許容できていたのですが、40歳を迎えるときに一度立ち止まり、自分の価値観を改めて考え直しました。

そのとき、許容することが難しいという結論に達して行動に移した結果、ようやく最近になって現在のような自宅ライフが実践できるようになったのです。

好きなことや興味があってワクワクすることは障害ではない

少し話が戻りますが、行動を強制されることや時間を拘束されることを私は極力排除しているとお伝えしました。

でも、勝手なもので、好きなことや興味があってワクワクするようなことはこの限りではありません。

例えば、自分が月に1度開催しているWebメディアの勉強会で話をしたり、参加する皆さんの話を聞くのは大好きです。あるいは、この記事の原稿のように時間の締切があったとしても、書きたくないということもありません。

自動車レースのF1のレースがある週末は夜遅くても起きてますし、サッカーのラ・リーガやプレミアリーグの好カードがあれば、ライブでDAZNを観ます。

つまり、時間で拘束されることでも自分の意思に反することでなければ、問題はないのです。

なぜブログや副業は継続が難しいのか?

ここまでお話してきたことにヒントがあります。自分の価値観が脅かされるような、後がない崖っぷちのような状況でないと、人はなかなか行動に移せないものです。

また、好きなことや興味があって自分自身がワクワクするようなことであれば、行動を制限され、時間を拘束されたとしても自分の意志であればそれは制限や拘束とは感じないものです。

なぜ多くの人が、ブログを続けられないのか、副業ビジネスを続けられないのかといえば、別に続けなくても問題ないからということに尽きます。

ブログ記事を数ヶ月書き続けても訪問者が増えず、アフィリエイト報酬が増える期待を感じなくなったとしたら、目先にある時給の仕事の方が魅力的に見えて当然ですよね。

副業でビジネスを1年続けたとしても、もし売上が費やした時間に対して少ないと感じたら、その時間は趣味やレジャーに充てて、本業に注力して昇給したほうが収入は多くなるかもしれません。

ビジネスでは、収益を追求することは当然なのですが、収益だけを追求していると、収益が出なくなったときに続ける意欲がなくなります。

だからこそ、上手く行かないときには「なぜブログを書くのか?」「なぜ副業をするのか?」という根本的な理由を見いだすために、自分の価値観を再確認してみてください。

ブログや副業は上手く行かないと言いたいのではありません。どんなビジネスでも、自分の心の中の価値観に反すると継続できず、成果を上げることが難しくなってしまうのです。

まとめ

自宅ライフを実現するにあたって、価値観の重要性について、事例を交えてお伝えしてきました。今回お伝えしてきたように、上手く行かないときにこそ、価値観の真価が問われるのです。

そして、価値観とともに、自分の強みが活かせること、収益以外でも関心が持ち続けられるテーマを選ぶことがビジネス継続の重要なポイントになります。

これからも『自宅ライフ』シリーズでは「心穏やかに暮らす自宅で自由に働くために、いまはじめたいこと」をテーマに自宅ライフの実現に向けての考え方や方法をシェアしていきます。

これまでに投稿したシリーズ『自宅ライフ』の記事
#0 心穏やかに暮らす自宅で自由に働く『自宅ライフ』の魅力
#1 自宅ライフがスタンダードに!? 原則テレワークの衝撃
#2 新しい生活様式への順応は簡単! 自宅ライフのコミュニケーションツール
#3 好きな場所で、好きな時間に仕事ができる自宅ライフの仕事選び
#4 自宅ライフを実現するビジネスの構成要素を6W1Hで考える
#5 自分の裁量で仕事ができる自宅ライフのビジネステーマの選び方