ビジネス

トップセラーの商品が届くまでの流れを解説してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トップセラーやってみた

こんにちは!

旧年中は私たちのブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

先日、私の文章が上達するよう神社へお参りしてきましたので、今年も当ブログにお付き合いいただけますと幸いです(笑)

さて早速ですが、今回もトップセラーについて書こうと思います。

私がトップセラーを始める前、まず心配になったのが「お客様から注文を受けて、商品をお届けするまでの流れ」についてでした。

具体的にどんな作業をするのか?を確認するため、自分で安い商品を注文したこともあります。

そこで今回の記事では、これからトップセラーを始めたいという方に向け商品を注文してから発送されるまでの一連の流れと注意点を解説します。

ちなみに、トップセラーって何?という方は私が過去に書いた以下の記事を読んでいただくと概要がわかると思います。

商品をお届けするまでの大まかな流れ

ショップを運営する環境により多少変わると思いますが、大まかな流れは以下の通りです。

  1. お客様から注文を受ける
  2. トップセラーへ商品の発注をする
  3. トップセラーから注文完了のメールを受け取る
  4. トップセラーから出荷予定日のメールを受け取る
  5. トップセラーから出荷完了のメールを受け取る
  6. お客様へ出荷完了のメールをする

基本的に3番目の注文完了の確認をしたら、あとはトップセラーからの連絡待ち。

最後にお客様へ商品出荷の連絡をする、というのが大まかな流れになります。

これだけ見ると、とても簡単そうですよね。

実際慣れてしまえば簡単になりますが、この中には注意すべき点もありますので、一つずつ解説したいと思います。

1.お客様から注文を受ける

いきなり重要なポイントを書きます。

お客様から注文を受けるなら「在庫情報は最新である」ということが大前提です。

折角注文を受けてもトップセラー側で品切れになっていたら、お客様へ多大なご迷惑をおかけすることになるからです。

とはいえ、私のショップも常に最新の状態を保てているわけではありませんが、在庫切れの情報はスマホでいつでも受け取れるようにしてますし、在庫切れは極力早く更新するようにしています。

ちなみにトップセラーからのアラートメールの受け取り設定は以下でできます。

採用商品管理を押します。

一番右の「設定タブ」を押すとアラートメールの設定ができます。

可能な範囲で自動化を

ネットショップには「24時間お店を開けておける」という強みがあります。

店主が寝ている間も常に注文を受け付けて、店主の代わりに働いてくれます。

折角ならその「店主の代わりに働いてくれる」強みを最大限まで活かせたほうが良いですよね?

システムで作業の自動化が出来る箇所があれば、積極的に取り入れることをお薦めします。

例えば、

  • お客様からの注文を受けたら、自動でお客様にありがとうメールを送る。
  • トップセラーが提供する在庫の自動同期システムを利用する。
  • 時間がきたら自動でインスタ投稿をする。

など、まだ他にもあるかもしれません。

残念ながら私の場合、在庫の自動同期は利用できなかったのですが、条件が整えば月額480円で申し込みができるので、楽天やカラーミーショップ、MakeShopを利用する方は検討してみると良いでしょう。

トップセラーの「プラン変更」から申し込みができます。

ちなみに、注文後のありがとうメールはワードプレスのプラグインで、インスタの自動投稿はクリエイタースタジオを利用しています。

この記事の中盤に予約投稿の方法が書いてあります。

2.トップセラーへ商品を発注する

お客様から注文を受けたら、速やかにトップセラーへ商品の発注をしてください。

それが人気商品であれば尚更、トップセラー側で品切れになる前に商品の確保をしましょう。

早い者勝ちです。

左メニューの「商品発注(CSV)」「WEB発注」から発注が出来ます。

複数のお客様の注文を一度に処理したい場合は「商品発注(CSV)」

お客様一人分の注文だけなら「WEB発注」を使います。

また、私はまだ出会ったことはありませんが、上の図にもある通り不正注文が疑われるケースには一度目を通しておいたほうが良いです。

上の注意事項を読んだら「商品発注(CSV)」の場合はCSVアップロードへ、「WEB発注」は入力フォームへと進みます。

↑商品発注(CSV)の場合

WEB発注画面
↑WEB発注の場合

いずれの場合も、絶対発注ミスをしないよう何度も確認をしてください。

ここで特に注意すべきは、入力した商品番号とお客様の注文内容に間違いがないかです。

色やサイズなどバリエーションがある商品が間違えやすいです。

一度発注が完了してしまうと、すぐにはキャンセル出来ない商品もあるので注意してください。

【おすすめ】前払い決済

商品を発注する際に、トップセラーへの支払い方法を選べるのですが「前払い決済」をすると発注金額の1.5%がキャッシュバックされてお得です。

利用方法も簡単で、トップセラーが指定する銀行口座へ予め一定額を預けて、入金した旨を下記から連絡するだけです。

入金確認はトップセラーの営業時間内に行われます。

「前受金受領のご連絡」というタイトルのメールが届いたら処理完了です。

入金されると各発注画面に「発注可能金額」として表示されます。

ちなみに、キャッシュバックされた金額はこの「発注可能金額」に加算されます。

この前払い決済の注意としては、銀行振り込みの手数料がかかるという点です。

仮に銀行振り込みの手数料が440円だったら1回の振り込みで3万円以上の売り上げがないとお得になりません。

ご利用の銀行の振り込み手数料にもよりますが、お得になるラインを見極めてからその額以上をまとめて前払いすると良いと思います。

3.トップセラーから注文完了のメールを受け取る

トップセラーへ商品の発注を行うと、すぐに「【TopSeller】ご注文受付のご連絡」というタイトルのメールが届きます。

そのメールには注文内容と、注文処理が全て正しく完了したかが書かれているので、必ず目を通してください。

また、同時に発注履歴にも反映されます。

ここで注文内容の確認と、キャンセル、問い合わせが出来ます。

ここまで確認ができたら、トップセラーから次の連絡が来るまで待ちとなります。

4.トップセラーから出荷予定日のメールを受け取る

商品の発注をしてから数日後、「【重要】出荷予定日のご連絡」というタイトルのメールが届くことがあります。

どうやらこのメールの送信は商品によるようです。

書いてある内容は、「〇月〇日から〇月〇日の間で出荷します。」といったものです。

出荷日が確定したわけではないので、お客様への連絡はそこも踏まえ考えたほうが良いと思います。

5.トップセラーから出荷完了のメールを受け取る

商品のお届け日の数日前になると「【TopSeller】発送完了のご連絡」というタイトルのメールが届きます。

書かれている内容は、

  • 商品名
  • 配送先名
  • 発送日
  • 配送希望日
  • 配送希望時間帯
  • 配送業者
  • 配送伝票番号

などです。

荷物追跡サービスがある配送業者の場合は、そのURLも記載されています。

このメールを受け取ったら、お客様へこれらの情報を伝えます。

ここまでで、受注から商品発送までの一連の作業が完了です。

出荷完了メールがなかなか届かない場合

お届け予定日が近くなってもなかなか出荷完了メールが届かず、やきもきすることがあります。

「今日出荷しないと、流石に間に合わないだろう。」と思ったらトップセラーへ問い合わせすることをお薦めします。

その際は「発注履歴」から問い合わせると楽です。

私も実際に問い合わせをしました。

過去に一度だけ連絡を忘れていたということがありましたが、出荷が遅れたことは一度もありませんでした。

最後に

今回も本記事に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

トップセラーで商品の受注から配送まで、多くの人に共通する作業は概ねこんな感じだと思います。

人によっては、出荷を見届けた後にクレジットカードの売上計上処理が必要だったり、収支をまとめたりすると思います。

本記事で書いた基本的な流れに、あなたのショップに必要な業務を付け加えてオリジナルの作業フローを作り上げてください。