Web

【PHP】変数と算術演算子のルールを学ぶ!【プログラミング初心者が独学で1から掲示板サイトを作れるのか?Part4】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【PHP】変数と算術演算子のルールを学ぶ!

こんにちは、穏やか暮らし計画ライターのあらです。

前回の記事では、PHPコードの書き方と実行方法について解説しましたが、今回はPHPの変数と演算子のルールと実際に練習問題をやっていきたいと思います。

私がプログラミング学習を始めてPHPを勉強する理由と目標については、こちらの記事「プログラミング初心者が独学で1から掲示板サイトを作れるのか?【始めた理由と目標編】」をご覧ください。

【変数】数学の代入みたいなもの!

いらすとや 記事中 挿入画像 変数記事

代入と聞くと、「x=2の時、3x+5xの値を求めよ。」みたいな計算を中学校の1年生あたりに勉強したと思います。

PHPの変数も中学生の時に習った代入と全く同じなのです。 変数も、ある文字や名前に数字や計算結果を保管させて、コードを見やすくスッキリさせ、面倒や間違いを減らすことができるようになります。

しかし、PHPの変数はx=「代入したいもの」だけでは、PHPのルール的にエラーになってしまうので、もう少しだけ付け加える必要があります。 *PHPではxの事を変数名というみたいです。

それは、変数を始める時は$(ドル)をつけなくてはいけません。$はお金とは関係なく、単なる記号扱いになります。

そして、変数名にもちょっとしたルールがあります。変数名はアルファベット(abc…)、数字(123…)、アンダーバー(_)しか使えず、$の後に数字は使えません

PHPの変数のルールは大まかにこれくらいです。あと、実際に代入する時は、x,yを使わず、意味のある名前をつけるとコードが見やすくなります。

例えば、自分の年齢を変数に代入しようとするときを考えてみましょう。

❌ $x=20 ;  ⭕️ &My age=20 ;

このように、My age(私の年齢)という変数名にすることによって、後々なんのための変数名かが一目瞭然になり、間違いが減る利点があります。

変数のポイント

  • 基本的に数学の代入と一緒
  • 変数を始める時は$をつける
  • 変数名にはアルファベット、数字、アンダーバーしか使えない($の後に数字は使えない)
  • 変数名には意味のある名前をつけよう

では実際に練習問題をやってみたいと思います。

変数の練習問題

次のプログラムの続きを作り、画面上に「10」と表示されるプログラムを作ってみよう。

01 <?php

02 $sum=8+2;

出典:よくわかるPHPの教科書

前回の記事でも解説した、表示させる関数(ファンクション)print(もしくはecho)を使い、$sumを表示させるだけです。

下の画像で、10という表示結果が出ているので、この練習問題はクリアです!

【算術演算子】四則計算+剰余、累乗

演算子も変数と同様、みなさんが知っている知識をPHPのルールに乗っ取ってコードを書くだけになります。

四則計算は、足し算(+)・引き算(-)・かけ算(*)・割り算(/)の事を言って、()内の記号を使う事で、利用することができます。 それに加えて、剰余算(%)は割り算の余りを求める時に利用します。

私も知りませんでしたが、調べてみたところ累乗の演算子(^)もあるみたいです。

この6つを「算術演算子」は、練習問題や何かプログラムするときに用いるので、覚えておくと良いと思います。 計算方法は、私たちが習ってきた算数のルールに従って、行えばOKです。

算術演算子のポイント

  • 足し算(+)・引き算(-)・かけ算(*)・割り算(/)・剰余算(%)・累乗の演算子(^)は()内の記号を使用する
  • 計算方法や順序は、算数のルールに従って。

では、算術演算子も練習問題をやってみたいと思います。

算術演算子の練習問題

次の計算結果を画面に表示させ、1日が何秒であるかを求めましょう。 60×60×24

出典:よくわかるPHPの教科書

この問題は、今まで使ってきた表示させる関数print(もしくはecho)を使い、かけるの演算子が正しく使えるかの問題になっています。

「かける」がどの記号なのか分かれば、つまずく事ないと思うので、エラーが出た場合は、記号が違うかPHPのルール通りにコードが書けていないか(例えば2列目の最後の「;」がないとか。)の2パターンになるので、注意して確認しましょう。

下の画像のように、1日の秒数「86400」の表示結果が出ているので、今回もクリアになります。

最後に

という事で今回は、PHPの「変数」と「算術演算子」の解説と実際に練習問題を解いてみました。

まだまだ覚える事はたくさんありますが、ちょっとずつPHPの関数やルールを確実に習得していこうと思います。起きた1時間や何日の午前中はプログラミング学習の時間にあてるなど、習慣化できると作業スピードも捗りますよ!

一緒に頑張って行きましょう。

▼私が参考にしている教材

▼前回の記事 PHPコードの書き方と実行方法

PHPコードの書き方、実行方法を解説!【プログラミング初心者が独学で1から掲示板サイトを作れるのか?Part3】

私がPHPを勉強する理由と目標

プログラミング初心者が独学で1から掲示板サイトを作れるのか?【始めた理由と目標編】