Web

YouTubeでブレずに情報発信できるチャンネル企画の7ステップと開設手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
YouTubeチャンネル開設の企画で決めた7つのことと開設手順

こんにちは、奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

10月から『奥成大輔のWebメディアTV』というYouTubeチャンネルをはじめました。

この原稿を書いている時点では、まだ8本の動画を投稿したばかりですが…

「奥成がそんなチャンネルをはじめたんだなぁ」と知ってもらったり、まだYouTubeチャンネルをはじめていない人が「そんな風にはじめるのか」というヒントになったりしたらいいなと思い、

YouTubeチャンネルの企画から動画を公開するまでにしたことを紹介していきます。

今回は、YouTubeチャンネル『奥成大輔のWebメディアTV』の企画で行ってきたことと、YouTubeチャンネルの開設手順を紹介します。

YouTubeチャンネルの企画を決めるための7ステップ

企画の段階では、次の7つのステップで決めていきました。

  1. 目的
  2. 目標
  3. ジャンル
  4. ペルソナ
  5. キーワード
  6. 自分の肩書
  7. チャンネル名

これはWordPressのメディアで決めることと同じ項目です。

誰かに何かを伝えたいときは、最低限これらのことを決めておくと、ブレずに情報発信を続けることができるはずです。

WebメディアTVの目的はぼくらのことを知ってもらうこと

目的は単純で、YouTubeを通じてぼくのことやぼくらが運営しているワークショップを知ってもらうきっかけを作ることです。

「それだけ?」と思うかもしれませんが、「知ってもらう」ということは「知ってもらう・買ってもらう・継続してもらう」という、マーケティングの3つの壁のうち、最初にクリアしたい1つ目の壁です。

さまざまな取り組みが考えられる中で、YouTubeは軌道に乗せるのに時間がかかるので最初のステップとして選んだといえば聞こえはいいですが、

実際は、いまぼくの動画を編集してくれているマッチョヤマディさんが、

「いま何かを調べたり学ぼうと思ったときのファーストチョイスはYouTubeですよ」

とおっしゃっていたことがきっかけになりました。

そういえば、ぼくも最近なにかをはじめようとするとき最初に参考にするのはYouTubeの動画で、全くそのとおりだと共感したことが大きいです。

最初の目標は動画投稿100本

次に目標を決めます。

当面は次を目標として進めています。

  • 動画投稿100本
  • チャンネル登録者数1000人
  • 総再生時間4000時間

チャンネル登録者数1000人と総再生時間4000時間というのは、YouTube パートナー プログラムに参加できるラインで、これらをクリアすると動画から収益を得ることや、クリエイター サポートを受けることが可能になるようです。

WordPress、ブログ、メディア運営といったかなりニッチなジャンルなので、もしかするとなかなか難易度が高いのかもしれませんが、まずは動画投稿100本を行ってから次の展開を考えます。

年内に100本を見据えていますが、いまのペースだと60本に届くか届かないかというペース。

いまのぼくの実力だとペースはすぐには上がらないので、なにかを止めることも考えないと難しいかないかなと思っているところです。

目的が明確なのでジャンルもシンプルに決まる

YouTubeを通じてぼくのことや運営しているワークショップを知ってもらうきっかけを作ることが目標ですから、ジャンルは自然に決まります。

WordPressやブログ、メディア運営を中心に、アフィリエイトなどのメディアを活用した収益化の方法も紹介していく予定です。

目的が明確なのでジャンル選びは、いたってシンプルです。

ペルソナはぼくらが最も貢献できる人の共通点から決定

ペルソナも決めます。具体的には次の項目を決めていきます。

  • 名前
  • 年齢
  • ペルソナがYouTubeチャンネルを視聴する理由
  • YouTubeチャンネルを観てペルソナにどうなって欲しいか
  • ペルソナに向けたYouTubeチャンネルをおすすめする言葉

ペルソナはぼくらのワークショップを受講している人の共通項目を整理して、次のように決めました。

名前と年齢

名前:Tさん

年齢:50代 女性

ペルソナがYouTubeチャンネルを視聴する理由

ブログで収益を上げたいけれど、自分のやり方が合っているかわからない。

何からはじめたらいいのだろうとなかなか一歩が出ずに躊躇していて、次に向けて具体的なステップを知りたい。

YouTubeチャンネルを観てペルソナにどうなって欲しいか

なかなか一歩が出ずに躊躇している状態から、WebメディアやWordPressへの理解を深め「これなら自分にもできそう!」と感じてもらい第一歩を踏み出して欲しい。

私たちのワークショップを通じて、WordPressのメディアを立ち上げて、メディアの読者を増やし、同時に収益も大きく伸ばして欲しい。

ペルソナに向けたYouTubeチャンネルをおすすめする言葉

このチャンネルでは、WordPressを使ったブログなどのWebメディアの始め方や、個人のメディア運営に役立つ情報をお伝えしています。

WordPressのメディアで収益を上げるための第一歩を踏み出してみませんか。Webの力で穏やかに暮らしたいという方はぜひチャンネル登録してみてください。

ジャンルが決まっていればキーワードもすぐ決まる

キーワードも決めます。

ジャンルが明確に決まっているので、キーワードも悩むことはほとんどありません。

ラッコキーワードをチェックして、下記のようなキーワードを選びました。

  • WordPress
  • ワードプレス
  • ブログ
  • webメディア
  • webサイト

自分の肩書は一旦保留

YouTubeでは「〇〇アドバイザー」「〇〇リスト」「〇〇コンサルタント」といった肩書があると、専門家として認識されやすいですよね。

私も改めて何かカッコいい肩書をつけたいなと思いました。

ところが、WebアドバイザーとかWebコンサルタントとか、ありきたりだったり胡散臭かったりでいい肩書が思いつきません。

身近な人たちにも聞いてみたりしましたが、しっくりくるものがなく、一旦保留して肩書は名乗らないことにしました。

企画を一言であらわすチャンネル名

冒頭でお伝えした通りチャンネル名は『奥成大輔のWebメディアTV』にしました。

YouTubeチャンネルの企画内容を一言であらわし、分かりやすく覚えやすいチャンネル名が理想です。

チャンネル名も決めるまではとても悩ましく、アンケートもとったのですが、選択肢を多くしすぎてしまい票が割れて決められません。

ちなみに、アンケートの選択肢はこちら。

  • 奥成大輔 Webメディアチャンネル
  • 奥成大輔 Webメディアチャレンジ
  • 奥成大輔 Webの力で穏やか暮らし
  • 奥成大輔 個人メディアで穏やか暮らし
  • 奥成大輔 Webメディアで穏やか暮らし
  • 奥成大輔 Webの力で穏やかに暮らそう
  • 奥成大輔 個人メディアで穏やかに暮らそう
  • 奥成大輔 Webメディアで穏やかに暮らそう
  • 奥成大輔 大人のためのWebメディア講座
  • 奥成大輔 穏やか暮らしのWebメディア講座
  • 教えて!奥成さん 大人のためのWebメディア講座
  • 教えて!奥成さん 穏やか暮らしのWebメディア講座
  • 奥成大輔の大人がはじめるWordPressメディア

しかも最終的に決めたのは、選択肢のいずれでもないという優柔不断さ。

でも、このチャンネル名さえ決まれば、YouTubeチャンネルはすぐに開設することができるのです。

YouTubeチャンネルの開設方法

YouTubeチャンネルの開設方法はかんたんです。

まず、YouTubeにアクセスします。Googleアカウントにログインしていない場合は、ログインします。

アカウントのアイコンをクリックして、設定を選択します。

次に、表示された画面中央の「チャンネルを追加または管理する」をクリックします。

こんどは「+チャンネルを作成」というボタンをクリック。

表示された画面で、チャンネル名を入力し、内容を確認してチェックボックスにチェックを入れ、最後にグレーからブルーに変わった作成ボタンをクリックします。

これであなたのYouTubeチャンネルが開設できます。

まとめ

今回は、YouTubeチャンネル『奥成大輔のWebメディアTV』の企画で行ってきたことと、YouTubeチャンネルの開設手順を紹介しました。

この記事を通じて、ぼくの事例を紹介したことで「意外とYouTubeチャンネルかんたんなんだな」と思って、YouTubeチャンネルを開設して一緒にYouTubeについて情報交換してくれる仲間が増えたら嬉しいです。

企画の内容で紹介した通り、奥成大輔のWebメディアTVでは、WordPressを使ったブログなどのWebメディアの始め方や、個人のメディア運営に役立つ情報をお伝えしていきます。

よろしければぜひ『奥成大輔のWebメディアTV』をチャンネル登録してください。