Web

YouTubeの再生数と再生時間を増やす極意4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【YouTube】再生数・再生時間を増やす極意アイキャッチ

こんにちは、穏やか暮らし計画 ライターの「ara(あら)」です。

今回の記事では、私の経験を元に「YouTubeの動画再生数・視聴数の増やし方」について書いていこうと思います。

動画の再生数というのは、YouTubeにおいてもっとも重要と言っても過言ではなく、チャンネル収益化の条件であったり、収益にも直結してきます。

では、いってみましょう。

YouTubeでのチャンネル収益化の主な条件

ちなみにチャンネル収益化の主な条件は2つあります。

YouTube ヘルプの『YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格』によると、次の条件が示されています。

  • 有効な公開動画の総再生時間が直近12か月間で4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が 1,000 人以上

チャンネル登録者数を増やすことも大変ですが、1番大変なのが再生時間を延ばすことだと思っています。再生時間数はちょっと工夫すれば延ばしやすくなると思うので、今回の記事をぜひ参考にしてみて下さい。

チャンネル登録数の増やし方については、前回の記事『YouTubeのチャンネル登録数はどうやって増やせるの?』の中で説明しているのでそちらもご覧ください。

YouTubeのチャンネル登録数はどうやって増やせるの?

初心者向け・ライトユーザー向けに動画を作るのがおすすめ

まず考えてみて欲しいのは、YouTubeを観る人はどういう時に動画を見るのか? ということです。

動画を見るときは、

  1. 好き・面白いYouTuberの動画
  2. YouTubeおすすめページや急上昇に載っている動画
  3. 解説している動画(分からないことがあるとき)

大体の人がこの3つになると思うのですが、YouTube始めたてで、上記の1番目、2番目で再生数を稼ぐことは芸能人のような著名人でない限り現実的に無理があるでしょう。

なので、狙い目は3番目の相手の分からない物事を「解説している動画」です。

思い出してみてください。分からないことがあると、よくGoogleやYahoo!で検索して記事やわかりやすそうな動画を探したりしませんか?

そんな調べ物をしているときに見つけた動画は、誰が発信していようと、的確な情報なら見ている側からしても全然気になりません。

ですので、何かのテーマについての初心者やライトユーザーに向けて動画を作ってYouTubeで配信すると、観てくれる人も増えるのではないかなと思います。

実際に、私のYouTubeチャンネルでもみんなが知りたい解説動画の方が圧倒的で、再生数が20倍くらい違い、コメントでの反響も大きいです。

取り扱っているテーマにもよりますが、解説動画は調べる人がいれば半永久的に伸びる可能性もあります。

無理に10分以上の動画にするのはNG

YouTubeの広告は、10分以上の動画になると広告をたくさんつけられるのですが、広告収益がまだできない段階なのに動画を10分以上にするのはやめておいた方が良いです。

私も後々広告をつけるために、10分以上の動画を作ると意識してやっていましたが、動画途中の離脱率が多くなってしまう原因になってしまいます。

私のチャンネルでも10分の動画を作ったのに、平均再生時間が1分弱になってしまったという動画もあり、後悔しています。結果的に再生時間が短くなってしまったり、視聴者を飽きさせてしまいます。

最初は、できるだけ簡潔に短い時間の動画を作ることをおすすめします。

サムネイルで気を引こう

サムネイルで気を引くことはかなり重要です。サムネイルというのは、動画を見る前に表示される画像。いわば、動画の見本、第一印象なのです。

ですから、「この動画はこんなことをやっているよ!」と一瞬で視聴者にわかるようなサムネイルがベストだと思っています。そこまで凝る必要はないですが、1番面白いシーンをスクショして文字入れするだけでも印象はだいぶ違います。

人気YouTuberさんのサムネイルを観察してみて、どこに文字を配置しているのか。など注目して見ると面白いことがたくさん見つかると思うのでぜひ試してみてください。

編集で飽きさせない

再生されても、すぐに動画を閉じられてしまったらあまり意味がありません。そのために、YouTuberはBGMや効果音で視聴者を飽きさせないようにしています。

最初にも言いましたが、YouTubeチャンネルの収益申請の条件や、実際の収益は再生数ではなくて再生時間に関係してくるので、無編集動画垂れ流しだと飽きられてしまう可能性が高いです。

テーマや工夫によっては無編集でも良い場合もあるので、同じジャンルのYouTuberを見たり、考えてみて編集をするかしないか決断して下さい。基本的に生放送できるものは編集しなくても良いものが多いです。

最後に

今回は「YouTubeの再生数・再生時間の増やす極意」というテーマで記事を書かせていだたきました。

今回解説した4つは、チャンネル収益化には必要なことばかりです。

  • 初心者向け・ライトユーザー向けに動画を作る
  • 無理に10分以上の動画にするのはNG
  • サムネイルで気を引く
  • 編集で飽きさせない

ぜひこの4つを意識してYouTubeをやってみてください。

今後もYouTubeや動画編集について解説していこうと思うので、次回の記事も楽しみに待っていてください。